めいたくPW diary

アラフォー2児のパパが語る、プロレスだったりいろいろ。プロレスが100倍面白くなるかも

棚橋弘至がIWGPを奪るには

 

IWGPヘビー級王者オカダカズチカが2019年度プロレス大賞受賞式で語ったプロレスオールスター戦。

オカダはチャンピオンのイメージが付きすぎているのでベルトを落としても王者感がありますが、身軽な今だからこその発言かもしれませんが、今年はG1CLIMAXの開催時期も秋にずれたし、もしかしたらオリンピック開催中の外国人観光客爆増中にぶつけて2DAYS、3DAYSくらいオールスター戦があるかも。

 

ここからはオールスター戦が開催されるとしての話ですが。

ベルトが絡むと各団体の威信やらなんやらがややこしく面倒くさいので、各団体のレスラーが入り交じったようなタッグの対戦が中心じゃないかな。

オープンに挑戦者を募集すると言っていたNOAHの杉浦貴が持っているGHCナショナル王座とかはタイトル戦が組まれる可能性はありますね。

こういう時こそシングルでもタッグでも3WAY4WAYでタイトルマッチをやればどのベルトがどこの団体に流出しちゃうの⁉️ってハラハラしながら楽しめますが、こういう意見は賛否の否のファンの方が多いんでしょうね。

 

もしかしたら先日書いた

 

業界1位を脅かすのは - めいたくPW diary

 

他団体合従軍を危惧してのオールスター発言なのか、昨年末辺りから活性化し出した他団体の交流は新日本関係者も気になっているのかもしれませんね。

 

このオールスター発言、なんとなく2冠王者の内藤哲也が言うよりもオカダカズチカが言った方が新日本プロレスは聞いてくれそうな感じがするので、もしかしたらもう実際に水面下で動いてるかもしれません。

 

それと、オールスターとは遠いような近いような話なんですが、棚橋弘至とAEWの話。

1.5東京ドームでクリス・ジェリコに敗れた棚橋ですが、試合前にジェリコは「棚橋が勝ったらAEWの王座に挑戦させてやる」と言っていました。

まぁ、棚橋がギブアップ負けしたのでもちろんこの話は消えていると思いますが、なんか今年の棚橋はAEWに参戦してタイトルに挑戦し、それを手土産に凱旋してもしかしたら来年のドームのタイミングでIWGPに挑戦しそうな気がするんですよね。

今棚橋にとってIWGPはかなり遠い存在で今のところなんの流れもないので挑戦すらも難しいですが、AEWのベルトはというと、ストーリーは生まれてもおかしくないしアメリカ興行に行った時になんらかのアクシデントがあってAEW参戦への道が拓けるってのもありっちゃありでしょう。

 

AEWが始まってそろそろ1年くらいですよね、当初の目論見通りに観客は動員出来ているのか売り上げは上がっているのかはわかりませんし、AEWが当初新日本プロレスとどういうスタンスで接しようとしていたのか、元々対WWEで共闘しようとしていたのか新日本とも対立しようとしていたのかもわかりませんが、1年を経てなんらかの動きがあってもおかしくないでしょう。

 

まぁ、ファンとしては去年の1.4でのイデオロギー対決で棚橋がケニー・オメガを下して➡︎AEW設立だったんでそこんとこの仲がどうなんかなぁ⁉️ってのはありますが、ビジネスで割り切ればなんとかなるでしょう。

 

 

今回の話はオカダのオールスター発言を受けて何の根拠もない事を書いてます。

オールスター戦が開催されるかもわからないし、AEWがなんとかというのは全く事実とは異なりますんでご了承ください。

 

ただこうだったらおもろいかもなぁってだけです。

 

ではでは、アディオス✋

 

 

 

ゴトヒロに負けたKENTAじゃなくて

 

内藤哲也の2冠達成から2週間ほど経ちファンタスティカマニアの真っ最中ですが、1.5から始まった内藤哲也とKENTAのストーリーはとりあえずはお休みのようですね。まぁ、KENTAとロスインゴファンの間でTwitterで争ってるとかあるとかないとか。

 

それでふと思ったんですが、KENTAの乱入があった時、ファンの大半はブーイング(賛否の否)だったと思うんですが、内藤哲也がインタビューであのタイミングでの乱入は誰でもできる事じゃないと認める発言をした事で、「デ・ハポンはお預けでバッドエンディングでもありっちゃあり」という流れになっていきましたが、それでも「NEVER戦で後藤洋央紀に負けてベルトを落としたKENTAはない」ってファンも多いらしいけど、KENTAは本当にベルトを落としたKENTAなんかな⁉️って思うんですよね。

 

KENTAにとっては負けてベルトを落としたんじゃなくて、NEVER持っていると2冠への挑戦が3冠戦になったりしてややこしいし、2冠後即3冠戦ってのはなんか違うし身軽になるために一時的にゴトヒロにベルトをくれてやったくらいの感覚なんじゃないかなぁ⁉️ゴトヒロちょっとこれ持っといてって。

 

それにKENTAはやるならとことんブーイングをもらおうとしているので、筋が通る事の逆を行くために勝って挑戦じゃなくて負けて挑戦という理不尽を実行したとか。

まぁ、内藤哲也の2冠もIWGPナシインターコンチナシ、権利証ナシの無冠からタイトル保持者と同じスタートラインに立っての2連戦だったので、(まぁタイチとのインターコンチNo.1コンテンダーマッチみたいなのはありましたが)その手ぶらで挑戦を皮肉ってるという見方もできます。

 

まぁ、新鮮さやインパクトも含めるとあの乱入を実行できるのはKENTAかクリス・ジェリコくらいしかいなかったんじゃないでしょうか⁉️

 

で、KENTAが後藤に渡したNEVERのベルトですが、早速鷹木信悟が挑戦表明しましたね。「YESかはいか」というジャイアンぶりに「OK」という殿らしい返し。

しかしNEVERのベルトを輝かせてくれるのは殿じゃなくて鷹木でしょう。そこにいきなり行くか石井TOMO宏を挟むかはわかりませんが、いずれKENTAがベルトを取り返しに行くと思います。

 

鷹木とKENTAのからみなんて今から楽しみですね。

KENTAが鷹木信悟の事をなんて呼ぶのか、お互いにどんなコメントを出してくれるのか、KENTAは鷹木の技を受けれるのか。

 

そしてこちらは時間がかかるかもしれませんが、今のところ目立った動きが見えずおとなしい感じのするEVIL。NEW JAPAN CUPまでにはなんらしか動いて欲しいですが、どうなるのか⁉️

ここ数年の鬱憤を晴らして今年は爆発を期待しています。

 

ではでは、アディオス✋

 

業界1位を脅かすのは

 

この年末年始辺りのプロレス界の動きを見ていて気になったんですが、新日本プロレス以外のプロレス団体の交流が活性化していませんか⁉️

 

ドラゴンゲートのYAMATOが全日本のリングに上がって若手に発破をかけたり、NOAHの丸藤正道ドラゴンゲートのリングに上がり最弱レスラーハリウッドストーカー市川(現このまま市川)と対戦したり。

晦日には武藤敬司率いるWRESTLE-1の大会にNOAHからは王者清宮海斗、全日本からは秋山準ヨシタツドラゴンゲートからもkzyやマシーン軍団REDのタッグ、他にも田中将斗大谷晋二郎大仁田厚等各団体の主力選手やネームバリューのあるレスラーや若手レスラーが集まっています。

 

選手層の厚さからかここ最近は日本の他団体のレスラーがほとんど上がってないような気がしますが、このままだとそのうち新日本プロレス×他団体連合軍の構図になってしまわないかと、いらん心配をしてしまいます。

以前どっかでチラッと書いた気もしますが、キングダムであった秦×楚・趙・燕・韓・斉・魏の1強対6国合従軍のように。

今は新日本プロレス1強でダントツトップですが、新日本抜きで他団体同士の交流が本格化すると数年後には大きな脅威になるかもしれません。

 

まぁ昨年末に同じブシロード傘下に女子プロレスのスターダムが入ったので、楊端和率いる山の民が秦と共闘したように心強い味方になってくれるかもしれませんし、時間をかければAEWとの交流ももっと広がるかもしれないので、もしかしたら他団体が手を取り合っても新日本プロレスを脅かす事は難しいかもしれません。

 

しかしもっと良いのは新日本×他団体にせず今よりももっと他団体との交流を深め日本のプロレス団体が「ONE TEAM」になってプロレスの人気、認知度を今よりも広める事だと思います。

 

新日本の選手層が厚いなら燻っているレスラーや若手レスラーをしばらく他団体に上がらせるとか、まずは他団体のプロレスを見ているプロレスファンに新日本のレスラーを知ってもらうとか。

業界1位で盟主なら業界全体を引っ張っていってもらいたいですね。

 

まぁ賛否はあるとは思いますが、全日本のリングに上がるエース棚橋とかNOAHにオカダが上がったりドラゴンゲート矢野通や田口監督が上がるのも楽しそうやし、逆にG1CLIMAXやBOSJに宮原健斗清宮海斗ドラゴンゲートのBen-Kやシャンスカイウォカーが上がれば、盛り上がるしより注目も集まるでしょう。

 

アメリカで盛り上がりを見せてみる某団体の下部組織(下部とも言えなくなっているみたいですが)NXTの日本版が数年後には上陸する可能性もありますし。

このNXT JAPANが日本でどれくらい受け入れられて脅威になるかはわかりませんが、日本国内で争うよりも共存共栄して競い合いながらも共闘していって欲しいですね。

日本のファンに海の向こうの某団体のプロレスが認知されてプロレスってこういうもんなのかってなってしまったらイヤですね、新日本のリングでやっているプロレスとはかなりズレがあるしね。

 

まぁ何が言いたいかって言うとG1やドームでは他団体のエース級を招いて欲しいって事。

 

ではでは、アディオス✋

 

 

 

 

 

 

これはこれで

 

内藤哲也史上初の2冠同時戴冠おめでとう❗️

 

ドーム初のデ・ハポン締めは成らず、デ・ブー締めになっちゃったけど、超個人的な見解ですがもしかしたらこのハポン締め成らずってのは観客動員数が影響したのかも⁉️なんて勝手な考えをしています。

まぁ、自分も現地まで足を運んでないんですが、もしも今回のドーム2連戦連日超満員ならハポン締めあったかも、それが1.4が4万人ちょい1.5が3万人ちょいで目標ラインに達しなかったのでプランBのエンディングでのデ・ブー締めになったんじゃないかな⁉️

 

今回のドーム大会は土日での2連戦でレスラーにとってももちろん過酷な日程だし、観客動員からしてもドームの大箱を2日連続で埋めるのはかなり至難の業で、新日本にとっても今のプロレス人気で2連ドームがどれくらい埋まるかというのは一歩踏み出した冒険的、実験的なところもあって。

 

この2日間で8万人か9万人かのラインを達成したらハッピーエンドのハポン締め、そうでなければバッドエンディング。もしかしたらそんな複数のエンディングが用意されていたかもしれません。

 

しかし内藤哲也が2冠王者に輝いた1.5の観客数が3万人くらいだったのを考えると、せっかくの内藤哲也の東京ドームでのハポン締めなので、どうせなら超満員のリングでやって欲しいという新日本プロレスの親心があったとかなかったとか。

まぁ、1.5の観客数が超満員になったとして2冠達成でロスインゴメンバーがリングに揃ってデ・ハ・ポンなら興行的には大成功のハッピーエンド。

で、内藤哲也ストーリーは一旦終わってまた新しい展開へ、という流れですがそれがなかった事で内藤としては良い流れのままこれからのストーリーを作っていけるような気がします。

 

しかしKENTAはないやろって声も多いようですが、おそらく Los Ingobernables de Japónは当分は裏切りはなさそうな感じだし(移籍はもしかしたらあるかもしれませんが)、他の誰が出て来るにしても行儀良くハポン締めが終わってからの襲撃になったでしょう。

 

あのハポン締めをブッタ切っての登場はジェイ・ホワイトかKENTAしかできないと思いますが、ジェイは前日戦ったばかりだしG1含めて3戦しているので、インパクトと新鮮みでKENTAになったんでしょうか。

まぁ確かに格落ち感はありますが、昨年KENTAが披露したバクステ芸。これを見た時にファンが期待した内藤哲也鷹木信悟、タイチとの絡み、これを楽しめる機会が早くも訪れたという事なんでせっかくなんで楽しみましょう。

 

組まれるとしたら9割9分内藤が防衛するであろう試合をどんな風にどれだけ盛り上げてくれるのか⁉️

 

ではでは、アディオス✋

 

 

 

スターダムどうなっちゃうの⁉️

 

先日1.4東京ドームの第0試合(何試合あんだよ)に同じくブシロード傘下となったスターダムの試合が組まれる事が発表されました。

カードはワールドオブスターダム保持者の岩谷麻優とワンダーオブスターダム保持者の星輝ありさがタッグを組んで、テラスハウスに出ている木村花と他団体のアイスリボンからの移籍で物議を醸したジュリアのハーフタッグを迎え撃つそうです。

 

タイトルホルダー2人のタッグに話題性ビジュアル重視の2人がぶつかると言った対戦ですが、このカードがこれからのスターダムを象徴し占う一戦になりそうですね。

そして、このカード判明前からどれくらい固まっていたのかはわかりませんが、程なくしてスターダムのヒールトップレスラー花月の引退が発表されました。

 

そんなにガッツリは見ていませんが、元からスターダム自体紫雷イオ宝城カイリに見られるように、ビジュアルと実力を両立させたレスラーが上に行くような感じだとは思いますが、今回の第0試合のカードは今まで以上にビジュアル重視で行くという宣言のようにも見えます。

 

花月とか少し前に引退した葉月はその対極に立つヒールとして存在感を示す事は出来たとは思うんですが、ヒールとして実力のあるスターの対極に立って輝かせる役割は受け入れられても、実力の伴っていない会社推しのスターを輝かせるのは我慢できなかったんでしょうか。

真相は本人達にしかわからないと思いますが、元々燻っていた不満がブシロード傘下に入って流れが変わってから決定的になったのか、元々うまくいっていたのがブシロードの流れになって急激に不満が増したのか⁉️

1つ言える事はスターダムがブシロードの傘下に入って資金としては潤いましたが、その恩恵を受けられて明るい未来を描ける選手とその流れに乗れずモチベーションが下がる選手がいるって事。

 

なんかスターダムの客層は9割以上が男性って聞いたような気がするけど見た目男前な花月選手はなんとなく女性ファンにモテそうな気がするので、ブシロード体制になって女性ファンが2割3割にでもなればまたそこから流れは変わったかもしれないけど。

まぁ本人が下した決断なら引退といってもどっかのリングで復帰するかもしれないし、その時は応援しましょう。スターダムにとって逃した魚は予想以上に大きいってなるかもしれませんね。

 

ベビーがビジュアル重視ならなおさら対極に強いヒールの存在が必須だと思うんですが、まさか木村花&ジュリア組をヒールで売り出そうとしてるんでしょうか⁉️

 

ブシロードの傘下に入った事でスターダムになんらしかの変化はあるかなとは思ってましたが、花月は若手の指導もしていたみたいなので、彼女(彼❓)の抜けた穴は予想以上に大きく、今のところブシロードによる買収がマイナスに働きそうな気はしますね。

 

もしかしたらスターダムを離脱するレスラーはまだ出てくるかも知れませんが、その流れが止まったらあとは残った者と新しく入ってくる者しかいませんからね。

ブシロード傘下に入り新日本プロレスと提携した事によるプラスはそこから表れてくると思います。

ミラノさんや小島聡がコーチで入り技術的にもメンタル的にも向上するでしょうし、資金的に潤う事でレスラーの懐も以前よりは潤うでしょう。

良いのも悪いのも含めて最近スターダム関連のニュースが増え目に触れる機会は以前より確実に増えていますし、1.4東京ドームのリングに上がる事は成功すればこれからも新日本プロレスのビッグマッチの際にスターダムの試合が組まれる可能性を秘めています。

 

この事はファンにとってはもちろん賛否両論あると思いますが、スターダムのレスラーにとってはメリットの方が大きいでしょう。

 

そして、これは全国でか関西エリアだけかは知りませんが、来年頭からテレビでスターダムのプロレス番組が深夜ですがスタートします。

これは確実にブシロード傘下に入った事が吉と出た結果だと思います。

 

よりビジュアル重視へのシフトにチェンジし、そこからしっかりと教育、指導して実力も伴ったレスラーを育てよう、そして露出を増やして新規ファンを取り込むという方針でしょう。

はじめは流れに乗れないレスラーやファンもいるでしょうが、まぁ今は種を蒔き始めた時期で、しばらくしてしっかり育成の成果で出れば売上3倍の目標も達成できるでしょうが、どうなるか⁉️見守りましょう。

 

ではでは、アディオス✋

 

 

 

 

 

 

 

土井にも頑張って欲しいけど

 

ドラゴンゲートの赤仮面、まさかのB×Bハルク❗️いつの話やって⁉️

 

最初緑仮面と赤仮面が出てきた時誰や誰や〜って思ってめっちゃ気になったけど、答え合わせは現ブレイブ王者の石田凱士と現ツインゲート王者のハルクでした。

緑が石田凱士やった時は若いし、おっさんの闘龍門世代には中心になって欲しくないんやろうなぁ。って思ったけど、赤仮面のハルクはまさにサプラ〜イズ、全然わからなかった。

これってドラゴンゲート観戦歴長い人からしたらどっかでフラグ立ってたりしたんかな⁉️

ハルクを欠場に追いやったのはKAIっていう情報を知ってても、タッグのツインゲートのベルトを獲ったばっかやし、ハルクはないやろ〜ってなかなか予想には至らなかったと思うので、まさしくサプラ〜イズな判明でした。

 

その答え合わせの後の闘龍門×ドラゴンゲート×R.E.D抗争突入で赤仮面はまさかのハルクでしたのインパクトが少なからず消えてしまった感はありますが、これからの展開がとても気になる幕切れとなったんではないでしょうか。

 

闘龍門×R.E.Dで闘龍門ウルティモ校長に不満のあるレスラーが赤仮面と思ってたけど、終わってみれば、闘龍門世代に土井吉が入りドラゴンゲートにYAMATO、R.E.Dにハルクが入った事で3軍ちょうどバランスの良いチーム分けになったんじゃないでしょうか。

 

来年の展開は、ユニット抗争が一旦休戦になって3軍での世代闘争になるようですが、これはどこまで続くんですかね❓1年の期間限定で来年末にはこの抗争の結末を迎えてそこからのユニット大編成とかなったら面白そうやけど、何年もかけて長く続くとかなったら気持ち的にちょっとだれるかな。

 

「最先端バトル ドラゴンゲート」のオープニング。

このオープニングがだいたい1分ちょいぐらいの歌の中で1、2秒くらいのシーンが繋ぎ合わされて流れてるけど、このバックのシーンが2ヶ月前くらいから変わって、序盤でウルティモドラゴンの入場、そして半ば辺りでYAMATOの決めがあって最後土井成樹の登場シーン(これがカッコ良い)で締めるけど、見落としてるだけかな、なんかBen-Kが映ってないような気がする。

まぁ、そのBen-Kがってのはただの気のせいやと思うけど、それより気になるのが明らかにkzyの出てるシーンが多いような…。

これはただ映像作った人がkzy推しで職権濫用しただけかもしれんけど、もしかしたら来年辺りkzyがドリーム王座獲るかも…。

現ドリーム王者は闘龍門世代の土井成樹ですが、ここの挑戦者にkzyが出てきたら要注意です。

 

ではでは、アディオス✋

 

 

追加カードでガントレット

 

しれっと発表されていた1.5東京ドームでの第0試合NEVER 6人タッグガントレットマッチ、EVILは鷹木信悟、BUSHIと組んでの参戦。

1.4はスペシャル8人タッグマッチに出場するも1.5の予定が空いていたEVIL、鷹木にとってはまぁ、出られるだけでも良いか、くらいのもんかもしれませんが、ここはNEVER 6人獲っときましょう。

 

鷹木にとってはここで顔出しとけば後で行われるNEVER戦で(おそらく)KENTAが勝ったとこに現れて挑戦表明できるしね。

 

KENTAと言えば、殿の次は鷹木信悟鈴木みのるやと思うけど、確か今のとこ鷹木信悟➡︎KENTAのフリはあってもKENTA➡︎鷹木信悟のコメントは無いような気がするし、KENTAがやりたいのはボスなんかな⁉️そのKENTA×ボスの間に鷹木が入って三角関係でどんな展開を見せてくれるか…

 

ボスはKENTAのバクステ芸にはそんなに乗ってくれなそうなんで、鷹木KENTAのやり合いになるかな⁉️まぁ、カードはどうなるかわかりませんが。

 

でもボスといえばジョン・モクスリーともやりそうな感じはあるし、モクスリーはボスとやるとなるとランス・アーチャー戦は負けられないし、アーチャーに勝ってついでにジュースにも勝って、来年アメリカのどっかの大会でUS王座戦やってそこで、ジョン・モクスリー×鈴木みのるかな⁉️

 

そしてNEVER 6人で顔見せしたEVILはその後どこで登場するのか⁉️

なんの脈絡もないけど、1.4の敗者同士マッチ3位決定戦の後に現れて挑戦というか対戦表明とか…。

まぁ敗者同士マッチでもEVILよりは格が上やし、ここから上がって行くぞみたいな…、ないかな。最後のデ・ハポン締めのリングに上がるくらいか。

 

先日のタッグリーグでは3連覇を逃し、良く言うとタッグから解放されたので、シングルに専念してなんでも良いのでベルトを巻いて欲しい。

この前までIWGPのベルトしかいらないって言ってたから、そっからどういう風に他のベルトに行くか方向転換は難しいかもしれんけど、EVILにはIWGPにこだわらず格下のベルトでも良いからタイトルを獲って、そこから這い上がってIWGPを獲る方が似合うような気がする。

 

まぁ、東京ドームのカードを見ただけでは明るいとは言えなそうなEVILの2020年ですが、個人的には1.6がEVILのキーになると思います。もちろん願望込みで。

 

ではでは、アディオス✋