めいたくPW diary

アラフォー2児のパパが語る、プロレスだったりいろいろ。プロレスが100倍面白くなるかも

結局 EVILの話になりました

 

ギリギリまでかかったにも関わらず、低い的中率となった7.18後楽園ホール大会の予想。

 

EVILは同門対決に負けてもリーグ戦突破すれば、SANADAに開けられた差を埋められると思っていたけど、やっぱり直接対決で勝っておかないといけなかったみたいですね。

でも勝ってしまった事で白星が先行し、終盤追い上げのドラマティック度が減ってしまったような気がするのは、心配しすぎでしょうか❓

 

そして、また勝ってしまった KENTA。

映画「十三人の刺客」で役所広司が「斬って斬って斬りまくれ」と檄を飛ばしていたように、蹴って蹴って蹴りまくる展開となりました。

 

ちなみにこの映画のキャッチコピーは「戦わなければ,変わらない。命を燃やせ。」

う〜ん、どうしてももう少し相手の技を受けないと命を燃やしてる感は出ないような気はしますが、 KENTAの蹴りに魂を込めて100%の攻撃態勢で命を燃やしているんでしょうか。

今回はgo2sleepではなく(巨躯のランスには難しかった❓)GAME OVERという新しい引き出しを開けてきた KENTA。

まだまだどれくらい引き出しがあるのかはわかりませんが、その攻撃主体のスタイルが「 KENTAのプロレス」なら、もう少し引き出しを開けるか進化しないと、ファンの支持は得られないと思います。

 

幸いというか、次の公式戦の相手はバチバチ大好きなEVIL。

100%攻撃態勢のKENTAを受け入れてくれるとは思いますが、エース棚橋が生え抜きとして KENTAを止められなかった今、生え抜きのプライドを意識しているEVILが KENTA相手にマットに沈む事はないでしょう。

 

その KENTAの新日本発黒星となる試合、その試合でどれだけファンの心を掴めるか、 KENTAだけでなくEVILにとっても大事な一戦です。

徐々に良くなってはいるもののまだまだ新日本のリングにフィットしていないKENTA、彼の蹴撃を受けて受けきって倒せば、リーグ戦の星取としても優位になり、ここで KENTAとスイングすれば今後のストーリーを盛り上げる因縁が生まれるかもしれません。

できれば、イーヴォーのイーヴォーで豪快に決めて欲しい(願望)

 

ここで気になるのが、3連敗スタートとなってしまったザック・セイバーJ r。

勝戦線に残るためにはこれ以上は絶対に負けられません。

そのザックとの対戦を KENTAさん後の7.27愛知大会に残してしまっている EVIL。

いくら今回のG1が波乱の展開だったとしてもザックが負け越しってのはちょっと考えにくい。

ちなみにまだザックと対戦が残っているのが、ファレ、EVIL、オスプレイ、アーチャー、飯伏、 KENTA。

 

ちょっと前半に偏りすぎてるけど、EVILに負けるのもありえるかな。

日本語訳がないとよくわからんけど、バクステの悪態コメントもさえてるし、ザックももうちょい扱いが良くてもいいと思うけど、今残っている相手に全部勝ってもタイトル争いには全然絡めない(Aブロックにタイトル保持者がオカダしかいないから仕方ないけど)。

ずっと新日本にいてくれよザック❗️

 

話はEVILに戻りますが、少し前にEVILについてエース棚橋が「EVILはファンがチャンピオンに推したい選手ではない」と語っていました。

棚橋はEVILの実力や人気は認めつつも(確か山崎一夫も認めてる)そのダークネスなキャラが災いして、プロレスを知らない人に対しレスラーの代表としてEVILを推しにくいという事でした。

それに対し、唯一無二のこの道でてっぺんをとる。と宣言したEVIL。

 

このEVILのコメント、IWGPヘビーのタイトルを本気で狙っているようですが、同じユニットでも内藤哲也とSANADAの方が現時点ではIWGPに近そうです。

 

では、IWGPを取るためにEVILは Los Ingobernables de Japónを抜けてヒールユニットを作るのでしょうか⁉️というとそうではないと思います。

 

後藤洋央紀はCHAOSに入ってしまった事でベルト争いから大きく後退してしまいました。

そして、 Los Ingobernables de Japónでもヘビー級シングルのタイトル戦線にいるのは内藤哲也だけで、 EVIL、SANADAはタッグのベルトが足枷となっていたのか、先日 SANADAがIWGPヘビーに挑戦するまではベルト争いから遠ざかっていました。

 

元々LIJは内藤曰く、リーダーはおらず皆んな横並びで、制御不能のカリスマ内藤哲也、キングオブダークネスEVIL、オシャレ唐揚屋BUSHI、クールでエレガントなコールドスカル SANADA、ジュニアヘビーのシンボルTIME BOMB髙橋ヒロム、我道邁進のドラゴン鷹木信悟という超個性的な6人が集まり、馴れ合わず、チームワークも抜群というユニットです。

 

これまで内藤しかベルトに絡んでいなかったのはただ時期尚早だっただけで、 SANADAのNJC決勝進出で完全に気は熟し、 EVILもこのG1終了後からシングルのベルト戦線に踊り出ると思います。

 

そして、もしLIJの誰かがIWGPヘビーのベルトを巻いたとして、同じLIJからIWGPヘビーの挑戦者が出て同門タイトル戦となってもおかしくないそんなユニットです。

 

からしばらくは Los Ingobernables de Japónから誰かが脱退したりとかはないと思います。

ベルトに絡みたい、以外にユニットを出る理由ってないから。

 

でもEVIL vs SANADA戦後のグータッチは正直まだやって欲しくなかったな。

なんか殿が初戦でジェイ・ホワイトを倒して「後藤のG」宣言してIWGPが遠のいてしまった(と個人的に感じた、天下取り宣言ではなかったので)時のように、なんかちょっとイヤな事が起きるフラグになってしまう気がしました。

 

っていうか冒頭でも書いてるけど、次の相手は KENTAか⁉️たのんますよイーヴォーさん‼️

 

 

なかなか書く時間がなくて書き始めから書き終えるまでのタイムラグが凄い(こまめに保存を繰り返しているので)、もうちょいスピードアップしないと…

 

 

 

ギリギリ7.18直前予想

 

もうすぐ、後楽園ホールで開催されるAブロック3戦目

 

 KENTA vsランス・アーチャー

 

EVIL vs SANADA

 

オカダカズチカvsバッドラック・ファレ

 

棚橋弘至vsザック・セイバーJ r

 

飯伏幸太vsウィル・オスプレイ

 

 

再注目はEVIL vs SANADAの Los Ingobernables de Japón同門のタッグパートナー対決ですが、

忘れてはいけないのが、KENTAかアーチャーのどちらかが3連勝し、棚橋かザックのどちらかが3連敗するという事⁉️

 

初戦のオスプレイ戦でしっかりとタッグ屋のイメージを消し去り、元々ある強さの説得力も更に増し、勝ち星への期待値も格段に上がったアーチャー。

それを示すように2戦目のファレとの規格外対決でも、大味になる事なく連勝スタートを切りました。

 

そして、初戦では飯伏幸太相手に一方的に攻めてしまい、アクシデントではあるものの試合中に飯伏が負傷してしまった事もあり、新日本のリングにフィットできるのか疑問に思われた KENTA。

 

2戦目の棚橋戦では外敵相手に粘りを見せるエースがG1で再び見せたハイフライフローを剣山で迎撃し、こちらも開幕2連勝。

 KENTAのプロレスをしつつ、少しずつではありますが新日本のプロレスにフィットしていってるように見えます。

 

その2人がぶつかる公式戦第1試合、アーチャーは体格の差を生かしてチョークスラムや交通事故タックルで攻めるでしょう。

 KENTAは身長差があるので、序盤はアーチャーの攻撃を受ける展開になると思います。

ここで、課題と言われている KENTAの(受け」が試される所ですが、中盤以降は膝をついたアーチャーの頭部への蹴劇連発で、う〜ん KENTA勝利かな

 

3連勝は KENTA

 

2戦目がEVIL vs SANADAってすごいですね、メインじゃないんか。

 

前哨戦で組んでいてもEVIL(技名の方)にスカルエンドと火花を散らしていた2人。

バチバチしたいEVILとグラウンドに引きずり込みたい SANADA、その切り返し合いの中でダークネスなスコーピオンデスロックは出るでしょうが、もしかしたら久々のバンシーマズルも出しかけて切り返される、って展開があるかも。

 

しかし予想では SANADA勝利です。

 

オカダ vsファレは、ここでは波乱はないでしょう。

オカダ勝って3連勝で KENTAとトップタイ。

 

そして、セミファイナルの棚橋弘至 vsザック・セイバーJ r戦。

引き分けでない限りどちらかが3連敗となる試合。

マディソンスクウェアガーデンの再戦となるこの試合、前回の対戦では棚橋弘至はほぼ完封という敗北を喫しています。

あの時より状態は良くなっているとは思いますが、残念ながら棚橋が勝つ探しが想像できない。

先日NHKでやってた「ここから」という番組でインタビューに答えていた際に「カウント2.9」というフレーズを言っていて、まぁ著書のタイトルにも通じているけど、なんか棚橋はこのG1で「カウント2.9」どころか「カウント2.99」まで行ってしまうんじゃないかって予感がしています。

 

Numberプロレス総選挙FINALで1位に輝いた時は勝ち越し以上はするやろと思ってたけど、負け越し、下手したら全敗の可能性もありえるかも。

そして、G1でどん底まで落ちてその「2.99」からキックアウトして復活していくのか⁉️

でも復活はどこまで復活するやろ、IWGP王座にもう1度輝くまで行くかな。それに説得力を持たせるのはかなり難しいと思うけど、エースならやってくれると信じましょう。

 

そして、本日のメインイベント飯伏幸太vsウィル・オスプレイ

 

オスプレイは首の負傷で出場が危ぶまれていましたが、1日だけの欠場で今日から復帰するようですね。本当に大丈夫なんでしょうか⁉️

 

飯伏は開幕戦の KENTAとの試合でプランチャ着地の際に左足を負傷、その後欠場する事なくEVILに負けてしまい連敗スタート。

 

この手負いの2人の対戦、どのようになるのでしょうか⁉️早期決着で終わりそうな気はしますが、急に終わってしまうような展開だと怖いですね。勝敗としてはさすがに飯伏の3連敗はないでしょう。

 

今日が終わってオカダカズチカと KENTAが3連勝(予想)ですが、 KENTAの次の対戦は7.20後楽園ホールでのvs EVIL。

 

2戦目こそ棚橋を下しましたが、 KENTAにとって2度目の新日本プロレス生え抜きとの対戦⁉️

 EVILも生え抜きvs外敵という構図はバチバチに意識してくるでしょう。

ここで、生え抜きとしての意地を見せ連勝中の KENTAにストップをかければ、さんざん負け続けて溜まった EVILとファンのフラストレーションも少しは吹き飛び、リーグ突破に向けて復活の狼煙となるのではないでしょうか⁉️

 

もしかしたら今日の KENTAの試合は闇の王の復活の生贄として、より美味しくなるように熟成させるための儀式になるのかもしれませんね。

 

 

以上ホントにギリギリの直前予想でした。

 

ではでは、アディオス✋

 

 

 

 

 

群雄割拠時代の予感

 

 

G1CLIMAX29が本格的にスタートし、A、B両ブロック共に2試合を終えました。

 

 

 

現時点での勝ち点は

 

Aブロック

勝ち点4

オカダカズチカ、ランスアーチャー、 KENTA

勝ち点2

ウィル・オスプレイ、EVIL、SANADA、バッドラック・ファレ

勝ち点0

棚橋弘至飯伏幸太、ザック・セイバーJ r

 

 

 Bブロック

勝ち点4

ジュース・ロビンソン石井智宏、ジョン・モクスリー 

勝ち点2

矢野通後藤洋央紀鷹木信悟、タイチ

勝ち点0

ジェフ・コブ、内藤哲也ジェイ・ホワイト

 

f:id:MayTact:20190717080356p:image

 

 

Aブロックでは、普通に順当とも言えるオカダカズチカの勝ち点4に逆に違和感を感じるくらいの混戦模様。

 

2連覇の掛かる棚橋弘至、ブロック突破の最有力と思われた飯伏幸太とザックが、まさか連敗スタートするなんて、誰が予想してました⁉️

 

 Bブロックでも優勝とも言える内藤哲也とジェイさんのホワイトが、揃って連敗するなんて…

 

まだ2戦を終えたばかりですが、この序盤戦で見えてきた事、それはズバリ

 

群雄割拠時代の幕開けです。

 

今回のG1CLIMAX29。大会にベルトの順番待ちと言うフレーズが何度か出ていましたが、それがリセットされるというか、誰がどのベルトにも挑戦可能なくらいの格付けになるのではないでしょうか❗️

つまり、トップでないレスラーの格上げ。

 

現段階で各ブロック最も顕著なのが、ランス・アーチャージュース・ロビンソンの2人。

 

アーチャーはG1前まではタッグ専門で、大きくて強さはあるけど、なかなか勝ち星やタイトルには恵まれず。

と言うのが、開幕戦の対オスプレイで見せた強くて怖いアーチャーに生まれ変わり、2戦目ではファレとのど迫力の規格外対決も制し、G1後の動向に期待が持たれています。

ジュースはUS王座のタイトルこそ保持していたものの、コスチュームもなんかパジャマみたいで、フィニッシュのインパクトも弱く、ナックルは批判され。

US王座の格を上げられずにいました。

しかし、謎のデスライダーとして新日本のリングに姿を現したジョン・モクスリー とのタイトルマッチを皮切りに、G1初戦に燃える鷹木信悟との熱いぶつかり合いを制し、ジェイを倒し勢いに乗る後藤洋央紀からも勝ち点を得ます。

アーチャーほど劇的なインパクトはないような気はしますが、モクスリーと戦った事で二皮三皮ぐらいむけて大きくなったように思えます。

おそらくブロック最終戦の8.11モクスリー戦がジュースにとっての天王山。

ここでモクスリー に勝てば、US王座はもちろん他のベルトへの道が開けるかもしれません。

 

そして、今1勝1敗の勝ち点2のレスラーで、Aブロックでは特にEVIL、SANADA、Bブロックでは鷹木信悟後藤洋央紀。この4人がリーグ中盤戦を引っ張り。

勝ち点0と低迷している本命組の飯伏幸太、ザック・セイバーJ r、内藤哲也ジェイ・ホワイトの追い上げでリーグ戦終盤を盛り上げる展開になると思います。

 

そして、G1CLIMAXでレスラーの格を上げる事でベルトの価値を上げて、大会によってはNEVERやUS王座でもしっかりとメインを張れるようにし、来年の1.4、1.5東京ドーム2連戦での両日共に満員札止めを実現させようとしているのではないでしょうか⁉️

 

 

また、東京ドーム大会でIWGPヘビーのベルトがどう動くかはわかりませんが、オカダがベルトを防衛した場合は、またV12時代のような長期政権を築き、オカダがベルトを落としてしまった場合は、IWGP戦線はさらに混戦になり、オカダは前回の約10ヶ月の無冠以上に長くベルトから離れると思います。

 

ちょっと面白くない読みではあるんですが、今のIWGPヘビーの最多防衛記録は昨年オカダが達成したV12ですよね。

 

オカダカズチカは絶対王者として、IWGPヘビーの全ての記録を塗り替えると思います。

最多防衛の他に塗り替えるのは⁉️

そう、最多戴冠記録。現在のIWGPヘビーの最多戴冠記録は棚橋弘至の8度、そしてオカダカズチカの戴冠回数は5度。

おそらくその戴冠記録を更新しても1つ更新の9度なのであと4回戴冠すると考えると、そんなに取ったり落としたりを繰り返さないんじゃないか、という読みです。面白くないですよね。

 

まぁ、オカダカズチカはベルトの有無に関わらず絶対強者のオーラが出始めているので、戴冠記録がどうこうよりも、ベルトを超えてラスボスとしてIWGP王者に立ちはだかるようなポジションになっていくかもしれませんね。

 

そして、今回のG1で覚醒した群雄達がIWGPを巡り、IWGPを取ってさらに成長してオカダと対峙する。

2020年はそんなストーリーが待ち受けているかもしれません。

 

ではでは、アディオス✋

 

 

 

先日テレビで見た情報

なんだか「ボトルキャップチャレンジ」と言うのが流行ってるらしくて。

いろんな人がマネして動画をあげてるけど、1番カッコよくて、オリジナルなのが「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイサムのやつ。

ボトルもブレてないし、フォームだけでなく、回転しながら飛んでいくキャップまでもが美しい❗️

さすがにレェベルが違うな

 

Twitter

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラゴンの標的

 

やっと来ましたBブロック開幕戦❗️

Aブロックはすでに開幕していますが、遠いアメリカの地で開催されたのと、1週間のブランクがあったのでなかなか実感が湧かなくて…

 

そして、このタイミングで新日本プロレスの公式サイトで無料掲載された鷹木信悟内藤哲也のインタビュー

 

【無料公開!】「もう腹はくくってる。この身体がどうなろうと、最後まで走り抜けるよ」鷹木信悟に『G1』目前インタビュー!!【G129C】 | 新日本プロレスリング

 

【無料公開!】「広島での石井戦? NEVER王者に対しては、“差”を見せた上で勝ちたい」内藤哲也に『G1』直撃インタビュー!!(前編)【G129C】 | 新日本プロレスリング

 

 

昨年の10.8両国大会で初めて新日本のリングに立った鷹木信悟

 

f:id:MayTact:20190713153339j:image

 

 

まずはBUSHIとタッグを組みJ rタッグリーグに出場すると、決勝での3way戦では勝利を収められず優勝は逃すものの「鷹木信悟」の存在感をアピールし、その後J rタッグのベルトを戴冠するなどしっかりと結果を残します。

 

J rタッグ戦線で戦う中でROPPONGI3KのSHOと激しいぶつかり合いを展開し、SHOの前に壁として立ち塞がりSHOを覚醒させ、新たな黄金カードをうみだします。

 

そして、BEST OF THE SUPER JUNIORリーグ戦では、「ストップ・ザ・ジャイアン」とも言われ全選手の標的になり、SHOやドラゴン・リー、REBORN石森太二らと熱戦を繰り広げながらも全勝で突破します。

 

決勝では「ドラゴン・スレイヤー」となったウィル・オスプレイに敗れたものの、その強さは誰も疑いようがないでしょう。

 

しかしそれに飽き足らず、しっかりとヘビー級の小島聡を破ってから初めてG1出場をアピール。「ちょっと前の俺なら「『G1』に出たい」発言すること自体、おこがましいとさえ思ってた。」とも言っているように鷹木信悟にとってG1というのは特別なイベントみたいですね。

 

「我道邁進」というと、なんとなく荒々しくひたすらに突き進むようなイメージですが、しっかりと一歩一歩着実に歩みを進める鷹木信悟、実は謙虚なのか、計算高くクレバーなのか、俺様キャラで突き進んで行くと思っていたら、その裏にはもっと意外な一面が隠されてるのかもしれませんね。

 

そうしてG1出場を果たした鷹木ですが、「去年出ていた選手や、その選手を応援しているファンからすれば「何が鷹木だ、ふざけんな!」「『SUPER Jr.』に優勝もしてねえクセに」っていう思いはあって当然だと思うよ。だったら、それを黙らせるようなファイトをしないと。」と語っているように、やはりまだ「みんながみんな俺の出場に納得してるわけじゃない」と思っている様子。

それを証明して、異論を唱えるファンを黙らせるために、今日のジュース戦、正面から潰しに行くでしょうね。

 

 

そして、読んでて意外な発見だったのがジョン・モクスリーと接点があった事。

10年くらい前にアメリカで一緒にタッグを組んだり、会場まで車に乗せてもらったりしていたそう。

 

その頃からモクスリー は「そのうち、ジャパンに行きたい」と言っていたそうです。

そんなインディー時代からだけでなく、WWEでトップスターになってからも日本のリングに上がりたいと思っていたモクスリーの新日愛、なんか応援したくなりますよね。

 

また、8.8横浜大会で当たる石井智宏については、昔から興味があり石井の男臭さが好き。だそうです。鷹木自身もルーツやプロレスに対する考え方は近いと感じており、その対戦を心待ちにしているようです。

 

おそらく、この石井智宏が鷹木にとって是が非でも倒したい相手。

そう、現在石井が保持しているNEVER無差別級のベルト。鷹木はこのNEVERのベルトへの挑戦権を得ようと石井智宏に照準を合わせてくるでしょう。

横浜大会のメインを飾るこの試合、正面から肉と肉、魂と魂がぶつかり合う熱い戦いとなりますが、辛うじて鷹木の気合が上回り勝利を収めると思います。

 

鷹木信悟は開幕戦のジュースと石井智宏にあと3つ勝ってこのG1勝ち越し、現在のウェイトのままヘビー級へ転向。

もう1人のジュニア戦士オスプレイは4勝5敗で惜しくも負け越し、ジュニアとして無差別級の舞台に立つと予想してます。

 

そして、自分はしっかりと段階を踏んでやっと参戦したにもかかわらず、アメリカから戻って来て、「一言」でG1出場を決めてしまった KENTAの事は「おもしろいわけがない」と言っています。

残念ながら今回は別のブロックに分かれているので、お互いに優勝決定戦に進出しない限り今回のG1で対戦する事はありませんが、鷹木信悟の頭のどこかにKENTAと戦って倒したいという気持ちはあるでしょう。

 

なのでG1のリーグ戦で石井を倒し、NEVERへの挑戦権を得て、9月神戸のワールド記念ホールで行われる「DESTRUCTION in KOBE」で石井からNEVERのベルトを奪い、新日本でのシングル初戴冠。

そして、初防衛戦の相手として KENTAを指名❗️そこまで描いているかもしれません。

 

 

ではでは、アディオス✋

 

 

 

「きのう何食べた」のレシピで前から作りたいと思っていた、バナナのパウンドケーキ完成❗️

 

f:id:MayTact:20190713153521j:image

 

おっさんが撮ったインスタ映えとはほど遠い写真ですが、普段バナナ嫌いの娘も美味しいと食べてくれました。

 

よっしゃ👍

 

 

 

 

 

勝って追い込まれたKENTA

 

 

いよいよ明後日に迫ったBブロック開幕戦❗️

すでにG1CLIMAXは始まっているのにすでにプロレスロス状態。1週間のブランクは長いですね。

 

それにしても飯伏幸太の足のケガ、大丈夫でしょうか⁉️

https://twitter.com/ibushi_kota/status/1148646167858708480

 

ダラス大会のKENTA戦でプランチャの着地の時に捻ってしまったのか⁉️素人目にもわかる痛々しさ。

この1週間のプロレスロスが逆に不幸中の幸いとなれば良いですが、1週間くらいでどこまで回復できるものなのか❓

飯伏幸太の超人的な回復力に期待はしたいですが、飯伏選手、くれぐれも無理はしないでください。

 

そして、その飯伏幸太とダラスでの開幕戦を戦ったKENTA。

 

f:id:MayTact:20190711060926j:image

 

 

G1出場が決まった時から「参戦表明しただけで簡単に出場できるの⁉️」という声もあり、それを黙らせるためにも大切な開幕戦でしたが、白星はあげたものの、状況としては追い込まれてしまった。といってもいいでしょう。

 

まぁ、勝って追い込まれるっていうのはプロレス独特の状態で、これがプロレスの難しさであり面白さですよね。

 

では、まだまだ始まったばかりのG1CLIMAX、KENTAはどのように戦うのでしょうか⁉️

 

まずKENTAがG1参戦時に語っていた「自分のプロレスがしたい」これがキーワードになると思います。

では「KENTAのプロレス」とは⁉️

それを知るためにNOAH時代のKENTAの試合を見てみました、6年前くらいなので、KENTAが海をわたる少し前かな。

 

やはりキック、打撃主体で、プリンス・デヴィットフィン・ベイラー)が使うダイビングフットスタンプ(クー・デ・グラ←フランス語でとどめの一撃、だそうです)を使っていて、キャラやマイクはぶっきらぼうな感じがしました。

試合としては、相手に依存するというか、相手を選ぶというか、誰とやっても名勝負って感じではなさそうです。

まぁ当時の試合ではダラスの試合で言われていたほど、相手の攻撃を受けないってほどでもないような…。

 

飯伏幸太とも噛み合わない事はないと思うけど、コンディションが悪かったんですかね⁉️久々のぶっつけで試合勘が戻ってなかった⁉️

 

殿がしたように、LA道場でスピードを磨いて、プラス新日本のマットにうまくアジャストしていけば、バチバチの熱い戦いが出来そうな可能性はあると思います。

 

石井智宏後藤洋央紀、タイチ。鷹木信悟とも熱い試合ができるかも…ってみんなBブロックやないか〜い✋

ちょっと待て、AブロックにはキングオブダークネスEVILさんがいます。

7.20後楽園ホールで行われるEVILとの戦いここで覚醒すれば今の状況を跳ね返し、ファンの支持を得る事ができるかもしれません。

まぁ、勝つのはEVILですが…。

 

その前にあるのはエースとアーチャーさんか…

 

エースvs KENTAは、おそらくベビー棚橋とヒール KENTAの構図になるでしょうね。下手したら KENTAにブーイングが飛ぶかもしれません。

 

ダラスではコンディションが良さそうだった棚橋弘至、7.14でも維持できていれば、エースが魅せてくれて盛り上がると思いますが、棚橋の動きが悪かったら…厳しい試合になるでしょうね。

 

7.18はアーチャー戦ですが、このスーパーヘビー級、しかも開幕戦でファンのハートを掴んだアーチャーさんとどんな試合を見せてくれるのか。

ジュニアウェイトの KENTAとスーパーヘビー級の怖いアーチャー、棚橋戦の結果次第ではヒールvsヒールなんて事にもなってしまうかもしれませんが、体重80kg台の KENTAがスーパーヘビー級のアーチャーを説得力のある試合で倒せば、少しは納得できるファンも増えるでしょうね。

 

同じ理由でファレとの試合もウェイトの差というわかりやすい構図があって楽しめると思います。

 

石井、後藤、タイチ、鷹木はいませんがアーチャー、ファレのスーパーヘビー級と同じブロックになった KENTA、運が良かったかもしれませんね。

 

そして、クラシカルな技の目まぐるしい応酬や切り返しで、ダラスベストバウトとも言われる試合を繰り広げた2人、SANADAとザック・セイバーJ r。

vs SANADAは天才SANADAがワールドに引きずり込んで、しっかりと試合を作り楽しませてくれると思います。

vsザックは、ハマらなければ地獄ですが、関節と打撃という全く違うスタイルに特化した2人、もしスウィングしたら結構面白い事になるような気がします。8.10日本武道館、リーグ最終戦ですしね。

 

ベストバウトマシーンとも言われるオカダカズチカとウィル・オスプレイは残念ながら、 KENTAとは手が合わないような…

オカダはただなんとなくですが、オスプレイは KENTAがオスプレイの動きに対応できないんじゃないかな⁉️って気がするんで。

 

 

開幕の1試合で追い込まれてしまった KENTA、このG1で後ろに見える柴田勝頼の姿を消せるくらいにインパクトを残せる事ができるのか⁉️

 

実は1カ月近く前に書いたこの記事

 

見えた‼️殿の天下取り - めいたくPW diary

 

これへの展開があまりにも待ちきれなくて、 KENTAの事で‘もしかしたら❗️’って閃いた展開がありますが、全然線の薄い起こらなそうな事なんでもう少し KENTAの展開を見てからいずれ書きます。

 

 

 

字の大きさを元に戻しました。そんなに見にくくはないですよね。

 

 

 

新日またアメリカでやるって

 

ダラスのG1開幕戦が終わり今週末まで試合はお休み。

しかしさすが新日本プロレス、試合がなくても、嬉しいニュースを発表してくれていました❗️

 

今年9月末にアメリ東海岸にある3都市、ボストン、ニューヨーク、フィラデルフィアで『FIGHTING SPIRIT UNLEASHED』という大会が開催されるそうです❗️

ちなみに聞き慣れない「UNLEASHED」という言葉は、解放するとか自由にすると言った意味らしいです。

出場するレスラーはまだ発表されていませんが、今の新日本でこの「UNLEASHED」という言葉が最も似合う男、アーチャーさんは出場するのでしょうか⁉️

非常に気になります。

 

ダラスが行われた会場のキャパは20000人近くだったらしいですね、それに比べて公式で発表された動員数は4846人だったので、厳しくいうと強気に出たのが裏目で赤字になった。のではないでしょうか⁉️

 

しかし9月に行われる3会場のキャパはそれぞれ、ボストンが2800人、ニューヨークが2200人、フィラデルフィアが1600人くらいみたいなので、こういう大きくなくても観客との距離が近い会場を満員札止めにした方が、レスラーにとっても観客にとっても良いと思うんですが。

 

大きくても空席が目立つと絵的にも気持ち的にも良くないですよね。

 

そしてYahoo!ニュースに出ていた記事で、「週刊プロレス」のベースボール・マガジン社が報じていたんですが

 

f:id:MayTact:20190709055146j:image

 

六本木のとあるビルの大型ビジョンで、ダラス大会が生中継されて「街頭プロレス」に人だかりができた❗️(交差点渡った先も人だかりだった)ようです。

 

「街頭プロレス」って昭和の懐かしい風景って感じですが、この企画、ビルのオーナーさんがプロレス好きでやったとかでしょうか⁉️やっぱり新日本プロレスが広報の一環として大型ビジョンを借りたのかな⁉️

 

まぁどちらにしろ、バンバンやって欲しいですね。

G1だけでなくBOSJとかタイトル戦でも、地方の駅前のビジョンとかでも。

 

 

こういう自分の意志でプロレスに接しなくても、日常の中にプロレスがあって、興味のない人でもプロレスに接する機会を増やす。ってプロモーションが大事なんですよね。

きっかけってどこにあるかわからないから。

ただ知らないから興味がないだけで、ファンになる人はどこにいるかなんてわかりませんもんね。

 

そういう意味でも次のこのコラボ企画は嬉しいニュース❗️

 

【黄色いBOXが目印】真夏の祭典『G1 CLIMAX 29』の開幕に合わせて、ローソングループ限定グッズが7月12日(金)から新発売!!【G129】 | 新日本プロレスリング

 

 

7月6日(土)より!総勢30名の選手が“ASOKO”デザイングッズとなって登場!!『ASOKO de 新日本プロレス』発売決定! | 新日本プロレスリング

 

どっちもネタが古いって⁉️まぁまぁ✋

 

まず、ローソンとのコラボ。

こちらは12日の金曜からなんでまだですが、黄色いBOXが目印とあるように店内にコーナーができるんでしょうか⁉️

黄色なんで目を引きますよね。

もちろんファンにとっても新しいグッズを手に入れられる嬉しい企画ですが、ローソンなんて誰でも使っているお店の中で、可愛いデザインのものやオシャレなデザインのものもあり、ファンでなくても思わず手にとって見てしまうかも😳

 

そしてもうすでに始まっていますが、オシャレ雑貨ストア「ASOKO」とのコラボ❗️こっちはお店のターゲットはどちらかといえば女性で年齢層も低めですよね。

その中にローソンのグッズとはまた違うテイストのオシャレグッズが販売中❗️

しかもこっちの方が、トートバッグやスマホケース等と実用性が高そうな感じが。

最近買い物しても、エコ、エコとレジ袋削減で袋くれなくなってるから、お買い物袋に使えるトートバッグは重宝しますよね。

 

間口の広いローソンとターゲットを絞ったASOKOと2つのお店でほぼ同時期のコラボ企画⁉️

どちらのお店も行った人からすると、「あれ⁉️プロレス流行ってんの⁉️」ってなりますよね。

(たぶん…)

 

だいぶ前に木谷オーナーも、この「流行ってる感」が大事だと言っていました。(たしか言ってたはず)

 

こういう日常の中に自然と、存在するプロレス。海外進出ももちろん大切ですが、それと平行してこういうプロモーションにも力を入れていけば、日本での更なるマーケット拡大。

 

そしてここ数年の外国人観光客の増加を考慮すると、他の目的でも良いので日本に遊びに来たら、なんかプロレスが流行ってるらしい、見てみよう。とかこのオシャレなグッズ…新日本プロレスっていうのか。どんなのかな⁉️とか。

きっかけはいろいろとあるはず。外国人観光客の多いスポットでプロモーションしてみるのも、間接的な海外戦略になるかもしれませんね。

 

ではでは、アディオス✋

 

 

 

 

 

そして、新日本プロレスとは全く関係ないけど、俺的に嬉しかったニュース

 

いつか取り上げた事のあるテレ東系のドラマ「きのう何食べた

」ですが、テレ東のお偉いさん(確か社長さん)が続編に意欲的との事。楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーチャーさんごめんなさい

 

 

7.6アメリカダラスで開幕した今年のG1、「G1CLIMAX29」

日本時間では7.7七夕の朝の開催となりました。

 

まず、髙橋ヒロムは姿を現しませんでした。G1終了後に開催されるSUPER J CUPに出場するために、G1期間中にリングに上がり、試合勘を、取り戻していくと思っていましたが、ファンが待ち望んでいる彼の登場はいつになるのでしょうか⁉️

 

 

そして約1カ月の修行を経てリングに戻って来た殿。

その真価が問われるリングで、YOSHI-HASHIと組んで、ジェイ・ホワイトチェーズ・オーエンズと対峙。

修行の成果か若干スピードアップしたような…。

最後はチェーズをGTRで下し勝利。まぁ、ジェイの前で手の内を明かす必要もないので、前哨戦はこんなもんで良いでしょう👍

 

そして公式戦初戦のウィル・オスプレイvsランス・アーチャー❗️

 

f:id:MayTact:20190708062646j:image

アーチャーさんごめんなさい🙇‍♂️

俺、あなたの事ナメてました。

 

オスプレイにはNEW JAPAN CUPで負けてて雪辱を晴らしたいやろうし、地元ダラスで地の利があるし、アーチャーさんが勝つと思ってはいたけど、正直ここまでやるとは⁉️

G1には出場するものの、白星配給係になるんじゃ…と思っていたけど。

 

 

アーチャーさん、ツレのスミスJ rが退団してシングルでやっていく、って腹括ってから、アイアンクローって説得力あるフィニッシュ修得して、強さも怖さも増したような…

 

もしかしたら、ダークホースになるというか思いがけない大物食いするかも⁉️

 

 

そしてAブロック突破と予想していたEVIL。

まさかファレに負けるなんて❗️

ファレに負けるのかイーヴォー。

ファレ前日会見の時に中指立てたり、ファッキン…とか言ってた時は、アメリカでヒールファレを倒す闇の王EVILで、EVIL絶対勝つと思ってたのに…、まさか負けるなんて。

 

もしかしたら思ってたより前半に負け込んで、そこからの追い上げで大逆転って狙ってるのか⁉️そんなにドラマチックな展開をするなら、7.30の高松大会、エース棚橋戦は絶対に負けられない戦い。

そしてこの戦いは浜松大会のメインイベント❗️勝利を収めたEVILはマイクを握り、巻き返し&優勝宣言❗️

よく考えたら、開幕戦でファレに勝つよりも、浜松大会のメインイベントで棚橋に勝つ方が、同じ1勝でも決勝進出のレース展開が面白くなる&大会をマイクで締めれる。と得られるものが違います。

 

それを計算して開幕戦、あえてファレに花を持たせたEVIL、

Los Ingobernables de Japónで内藤哲也のパレハとして登場してからもうすぐ4年。シングルプレイヤーとしての結果はまだ物足りないものの、EVILのプロレス脳は確実に成長を遂げているみたいですね。

 

そしてSANADA vsザックの絶対ハズレない試合。昨年の大会で「頭から落とすだけがプロレスじゃねえんだよ」という名言が生まれたこの戦い、予想通りの技の切り返し合い。やっぱりこの2人手が合いますね。

ここで今回のベストバウトが出たようです。

 

でも会場はアメリカ・ダラス。アメリカの観衆にこの試合は響いたんでしょうか⁉️

新日本のプロレスが好きで見に来てるファンならアメリカでも大丈夫かな。

どうも日本と海外(特にアメリカ)で会場が盛り上がる試合って違うような不安があって…。

 

今回ダラス大会が開催されたアメリカン・エアラインズ・センターって収容人数は15000人くらいはあるみたいですが、新日本の発表だと観衆は4846人。

 

チケットの売れ行きはあまり良くなかったんでしょうか⁉️

一部コアなファンはいるものの全体の数としては、まだまだ少なそうですね。

まぁ。だからこそ伸びしろがあって海外進出に力を入れる甲斐があるんでしょうが…。

 

 

そして、KENTAの新日本初舞台となった飯伏幸太戦ですが、彼はダラスの会場だけでなく日本のプロレスファンにも「自分のプロレス」を見せつける必要がありました。

打撃を得意とする飯伏との戦いはお互いに手が合いそうですが…。

正直KENTAがNXTのリングに上がっていた5年間がブランクとも思えるような、KENTAが勝ったというよりも、飯伏が負けたという試合だったような。

 

次は7.14大田区総合体育館でのエース棚橋戦。

NOAHのリングから海外を経て新日本のリングに上がったKENTAですが、エース棚橋を倒す事は難しいでしょう。

ましてや棚橋は開幕黒星スタートですから、オカダに敗れはしたものの「エース棚橋vs外敵KENTA」という構図になるこの試合では負ける訳にはいきません、エースだから。

ダラスでは、勝った試合で魅せられなかったKENTAが、負けた試合でどれだけ魅せられるか⁉️が試される戦いになるでしょう。

 

ダラス大会のメインは棚橋弘至 vsオカダカズチカ。

エースの動きは良くなっており久々にハイフライフローを解禁したものの、オカダを倒す事は出来ず。

試合後英語で優勝宣言❗️

海外1番人気は絶大王者オカダカズチカみたいですね。

 

今回のダラス大会、初のアメリカ開幕という事でしたが、やっぱりなんか違和感がありました。

誰も何も言ってないみたいやけど、Bブロックの開幕戦もダラスでやれば良かったのに。

と思ったら、大人の事情ってやつか⁉️次の大田区総合体育館まで1週間空くのもそのためね。

(モクスリー が出れなかった)

 

 

オカダはダラスに帰って来たい、って言ってたみたいですが、次のダラス大会はいつかな⁉️

その時は1万人くらいの観客数になる事を期待して…。

 

ではでは、アディオス✋